ビジネス用タブレットに求められるスペックとは

ビジネス用タブレットにはどういったスペックが要求されるのでしょうか。厳密に考えれば、そのスペックは十人十色です。ビジネスマン個人で、OSの好みは代わりますし、色やサイズにも好き嫌いが出て来るはずです。しかし、ビジネス用に活用するなら、物理的なスペックを正しく推し量る必要があります。

デザイン重視でタブレットを比較検討するのは、あくまでプライベートの時だけにしましょう。ビジネス用に携帯する事を想定するなら、まず本体サイズがミニマムである事が要求されます。10インチ以上のタブレットは言わばホーム用です。ビジネス用に携帯する事を想定すれば、スマートフォン風に使える6インチから8インチ位のミニマムモデルがスペックとして最適です。

スーツやビジネスバッグにもすんなりと収納出来ますし、スマートフォンの感覚で取り出せるため、重たさを感じる事はなく、移動が多いビジネスマンにベストです。またビジネス用途のタブレットには、バッテリーの持ちの良さも要求されます。一度会社や自宅を離れますと、半日から一日にわたり充電器を利用する事は出来ません。また長期出張の場合だと、一日以上、満足に充電出来ない場合もあります。

バッテリーの駆動時間をスペック表でよく確認しておきましょう。あえてスペックをあまり高く求めない事も、タブレット選びの世界では大事です。スペックをあえてスタンダードなモデルにすれば、バッテリーがみるみるうちに減っていくは無く、一日以上満足に使い倒せます。