WEB会議はどういうときに使うといいのか

WEB会議は情報交換をしたいときに使うと便利です。WEB会議という名前になっていることが多いですが、テレビ電話的な使い方が世界中の拠点と出来る通信手段と考えた方がいいでしょう。ですから、WEB会議の設備があるのであれば、どんどんと使っていくことでビジネスは大きく変わっていくことになります。何故ならコストパフォーマンスが圧倒的にいいからです。

電話ではなかなか伝わらない情報交換が出来るのです。電話では相手の顔を見ながら話すことが出来ませんが、WEB会議なら相手の映像付きで会話をすることが出来るので、相手が理解しているのかどうかがすぐにわかります。それでいて、映像は拡大したり縮小したりすることが出来るので、商品などの説明の時には詳細な解説をその場で出来たりもするのです。まさに情報交換が出来るツールとしてはこれ以上ないといってもいいぐらいのシステムといっていいでしょう。

使い方は簡単です。接続したい拠点のIPアドレスを入力するだけで終了です。さらに会議に参加してもらいたいところがあれば、追加でそこのIPアドレスを入力すればいいだけですから、どんどんと会議に参加してもらうことが出来ます。会議ではなく普通の情報交換手段として使っていもいいでしょう。

何しろコストはネットの使用料のみですから、定額料金で払っているところであればどれだけ使っても同じということになります。となれば、これだけ高機能な情報交換ツールを使わない手はありません。SFAとはのことならこちら