SFAで組織全体の顧客に意識改革

顧客に対峙するのは営業であってバックオフィスや経営は間接的な立場という企業が多く見られます。その温度差が現場の担当者を孤立させて、負担になることがあります。組織全体でサポートができれば、もっと売ることができると感じている担当者もいるでしょう。そんな時は顧客情報を共有できるSFAを使うと便利です。

例えば営業が入力した活動の中には、アシスタントが発行した見積もりが関係しているかもしれません。その発行までの時間が短ければ、印象が良くなり他社を出し抜くことができるかもしれません。その一連の流れをデータとして見ることができます。SFAを使うと営業の活動とそのサポートをしている部署の活動が線として見ることができます。

いままで関係ないと思っていた自分の業務が現場での勝機に影響することがわかれば緊張感が変わってきます。また営業担当者にとっても自分だけが苦労しているというような感覚ではなく、グループで働いているという認識が生まれるかもしれません。SFAで共有するデータは、営業の活動だけでなく見積もりの作成や請求書の発行、アンケートの結果など顧客との接点全てになります。だから商談が終わってから納品までの流れが適正であるかも評価することができます。

全ての活動がオンタイムで行われるようになれば、それだけ他社よりもスピード感を見せることが可能です。また評価の結果、ボトルネックとなっているようなところを改善すれば不満も解消できるはずです。