SFAで経営のスピードアップ

経営の判断は早い方が良いですし、その確度も高い方が間違いが少なくなります。判断するためには、現場の状況、業界の状態、社内の資源などを全て把握する必要があります。社内のことであれば、すぐにレポートを依頼することができますが、最もインパクトのある現場の状況や業界の状態は、集計に時間がかかったり、確度が低い恐れがあります。そのような情報がリアルタイムでアップデートされれば、それだけ判断にスピード感が生まれます。

そのために使いたいのがSFAです。営業の活動をサポートするために使われるSFAは、同時に状況を確認するためのツールとして使うことができます。営業担当者が日々の活動を入力するとその場で状況を確認することができます。このまま行くとどれぐらいの成約が取れるかなども予想できるでしょう。

この中で競合の状態や顧客のニーズもある程度把握できるはずです。他社に依頼している業界のリサーチよりもリアルな状態を確認できます。SFAの情報を分析して、これから伸びていくものや減っていくもの、トラブルが発生している案件をその場で知ることができれば、事後ではなく即時対応することが可能です。知っていれば失注にならなかったという後悔が減ることになります。

経営の判断にスピード感が求められる最近のビジネスでこのような環境が構築できているかどうかは、大きな差として現れます。少しでも収益を上げたいと考えているのであればSFAの導入は検討した方がいいでしょう。