SFAのメリットを解説します

SFAのメリットとして真っ先に挙げられるのが、営業活動を見える化できることです。営業活動におけるプロセスや進捗状況といったものは、どうしてもブラックボックス化されてしまうことがありました。それを手動で入力することにより、ブラックボックス化を避けることは可能ですが、それでは大幅に業務が膨れ上がってしまいます。そこでSFAを導入し、自然と業務が見える状況を作ることが有効です。

顧客情報や進捗状況などをリアルタイムで把握することにより、売り上げの予測や課題の解決データの分析、フィードバックなどに活用することが可能となります。SFAを導入することは営業活動の効率化にもつながります。活動報告を簡潔に済ませられるシステムもあるので業務は非常にスピーディーなものとなります。営業活動の標準化を行える点もメリットです。

営業は個人の能力に依存する点が多くありました。そのこと自体にはメリットとデメリットがありますが、雇用が流動化していく中で引き継ぎにくいという問題も発生しています。そこで業務を標準化することが有効です。標準化を進めることによって評価の基準も明確になるので、人事評価の不平等を防ぐことも出来ます。

これらの大きなメリットがあるにも関わらず、導入コストは低めになっています。それゆえに採用する企業が多いといえるでしょう。業種ごとに必要な内容を選択できることも大きな利点であり、注目を集める要因となっています。SFAとはのことならこちら