タブレットとの相性が良いposシステム

近年簡易的なposシステムとしてタブレット端末の活用が注目されており、特にファッション性を重要視しているアパレル業界やヘアーサロン、飲食業にて需要が高いです。また、posシステムにおいて競争が過度になっており値段が高騰傾向にあることから、必要に迫られているものの導入できない規模が小さな組織にとっては受け皿としての役割があります。posの導入に纏わる具体的なコストとしては、レジの価格が10万円を超えてしまう上に販売情報を集計するためのシステムを導入する費用を考慮すると、初期費用のみで100万円を突破してしまいます。一方、タブレットなら初期費用が10万円以内に抑えられる上に、クラウドサービスを用いれば一ヶ月間あたり数千円で利用可能になります。

しかも、タブレットはソフトウエアの開発が行いやすいという特性があることから、従来のposに比べてシステムのアップデートを実行しやすくその都度柔軟に使いやすくさせられます。特に利便性が高いのは、インターネットとの互換性が高いタブレットならではの恩恵です。全ての端末がオンラインで繋がっていれば、全店舗の売上などがリアルタイムで集められ反映されることから複数店を営業していたり各所との間に距離があっても安心です。さらに、タブレットに向けて提供されているposシステムは分析機能が充実していることから、商品ごとの売上が知れる上に年齢層も合わせて記録させられるため今後の仕入れにも役立ちます。