タブレットにレジを導入することによって業務改善を

タブレッを利用した業務展開は、いろいろな分野で取りいれられるようになっています。最も取りいれやすかったのは、注文で専用タブレットが使用されている飲食業です。最近は、アイパッドや通信用タブレットを使ってレジスターに使っている店があります。もちろん、オーダー端末としても使えます。

これを使えば、従来の専用端末に比べて大幅にコストは削減できます。簡単な仕様を使っているので誰でも使えるので、店舗スタッフへの教育コストも削減できます。注文の伝達がうまくいかないと、飲食店にとっては生命線をたたれることになります。なによりも重視するのはオーダーの流れを断つことなく注文を料理する分野に届けることです。

POSシステムを取り入れるので予約にも対応できます。POSの会計情報を予約機能にもできるのでもっときめの細かいサービスを予約客にすることが可能になります。リアルタイムで売り上げ管理ができるので日報や月報も瞬時で作成できます。インターネットが使えない環境でもレジスターの機能は利用可能です。

しかもアイパッドさえあれば、出張店舗や屋台のような場所でも使えます。現金からクレジットカード決済まで幅広い決済機能をつけることができるので便利です。タブレットにその機能をインストールするだけで、レジスターに簡単にかえられるのがお店の効率化につながります。プリンター機能で、注文もすぐに打ち出してお客様に手渡しもできます。

飲食店でのタブレットレジスターは、もっともっと業務を効率化し、本来のメニュー開発などに時間を配分させることができるようになります。営業支援のことならこちら