タブレットPCをビジネス用として利用できるか?

現在、タブレットPCはスマートフォンに次いで多くの人々によって利用されている。このデバイスの利点として、スマートフォンのような手軽さをもち、これまで、ノート型PCでないと行うことが困難であったキーボードを多用した入力も行うことができる。ビジネス用としてPCを用いる場合、どのような場面で利用することが多いでしょうか?おそらく、メールチェックやオフィスソフトを利用した資料作成などがメインではないでしょうか?この場合、やはり、スマートフォンでは、ビジネス用途のメールや資料の簡単なチェックはできても、新規作成および編集は困難であることが多いと思います。そこで、ノート型PCをビジネスの場で持ち歩くことも可能ですが、カバンが重くなったり、場所を取られたりしてしまいます。

これらの問題を解決するのがタブレットPCです。最近では、タブレットPCにキーボードが付属しているモデルが多く発売されています。また、メールソフトおよびオフィスソフトもPCを違いが無いレベルで充実してきています。また、タブレットPCはスマートフォンを充電するようなモバイルバッテリーで充電できる場合が多く、出先で手軽に充電ができ、ノート型PCのようにコンセントを探し回らなくて済みます。

これらの理由から、ビジネス用のPCとして、これまで通りのノートPCもいいのですが、実はタブレットPCも意外と使えるツールであると言えるのではないでしょうか?