ビジネスでテレビ会議を導入するときの安全性

ビジネスでテレビ会議を導入するかどうかを検討するポイントの一つがセキュリティです。もしも会議の内容が回部に漏れてしまったらどうしようと、そう考える人も多いのではないでしょうか。しかし、すでに多くの企業では安全性を確保しながら導入に成功しています。その対策の一つがファイヤーウォールです。

テレビ会議用のサーバを設置する場合には、イントラネットの内部に設置するのが一般的です。つまり、不正アクセスをしようと思ったのなら、まずファイヤーウォールを突破しなければならないのです。ファイヤーウォールが突破されると言うことは、社内のイントラネットが筒抜けになっていると言うことですから、恐らくそれはありえないでしょう。それを考えれば、一般的なビジネス向けのセキュリティ対策をしておけば問題ないことが分かるはずです。

インターネットを導入している企業ならファイヤーウォールは導入しているでしょうから、特に問題はないと考えられるのです。また、会議用のサーバは暗号化して通信を行います。通信そのものを傍受されたとしても、暗号化されているために、内容を見ることはほぼ不可能だと言えるでしょう。もしも盗聴しようと思えば、スーパーコンピューターのようなスペックが必要となりますから、現実的に考えれば、不可能だと言っても良いでしょう。

これがごく一般的なテレビ会議のシステムで導入されていますから、ビジネスに関するセキュリティの脅威は、それほど大きくはないと考えられます。