テレビ会議が可能になることでビジネスはこう変わる

テレビ会議と言うのは遠隔地にいる相手を1つの場所に集める事無く、今まで通りの会議を行う事が出来ると言う画期的なシステムです。最近のテレビ会議と言うのはインターネットを利用する事で、ネットの接続環境を持つオフィスの中であれば無線LANなどを利用して会議室での会議が実現すると言われています。また、テレビ会議は複数の拠点での会議参加が可能になるため、忙しいビジネスマンの時間を有効的に利用する事が出来ます。例えば、東京の本社で会議が在る場合、九州や大阪、名古屋、仙台と言った拠点からそれぞれ数名の人を集めるためには時間も経費も必要になります。

最近は交通が発達している事からも、九州から訪れた社員は日帰りで会議に参加する事は可能でも、往復の時間と飛行機代などの交通費と言うのは経費で賄う事になるため、1年に12回の会議を開催する場合には交通費などの経費が高額になる事も珍しく在りません。また、移動における時間も膨大な時間になるため、テレビ会議を導入する事で、その時間をビジネスに使えるようにすることも可能になるわけです。尚、遠隔地にいる人々と会議が出来ると言う事は、製品開発における打ち合わせなど、会議とは異なる業務にも活用する事が出来ると言うメリットが在ります。テレビカメラを使って映像を映しだし、回線を利用して映像を遠隔地にいる相手と共有化させることが出来るため、製品開発などのビジネスにも有効活用する事が実現すると言うメリットも在ります。