ビジネスのためのテレビ会議のコストとセキュリティ

ビジネスにテレビ会議を導入するときにネックとなるのがセキュリティの問題でしょう。多くの人がこの点を気にしているようです。セキュリティを高めようと考えるのなら、コストをかければ解決します。問題はどれだけのコストをかけられるのかです。

無限にコストをかけられるのならセキュリティを完璧にすることも可能です。例えば、傍受されないようにするためには、専用回線を利用するのは良い方法です。最近ではインターネット回線を用いて通信を行うのが一般的です。インターネット回線は公衆回線ですから、傍受される可能性は否定できません。

専用回線ならこの心配はないでしょう。かつては専用回線を用いてテレビ会議を行うのがビジネスでは一般的でしたが、その理由はその方法しかなかったからだと言えるでしょう。そのために、多くのコストがかかっていたと言えるでしょう。現在のところはインターネットを用いてテレビ会議のシステムを構築するケースがほとんどです。

なぜなら、現実的なコストだからです。セキュリティを高めればコストも高くなりますから、よほどのことがなければ導入するべきではないでしょう。ビジネスで利用するためにはコストも考えなければなりませんから、現実的なコストで運営できるシステムが必要となります。コストを抑えたとしても、ある程度のセキュリティを確保することはできます。

例えば暗号化技術やファイヤーウォールなどの技術を利用すれば、現実的に運用できるだけのセキュリティは確保できるでしょう。