ビジネスごとのテレビ会議選択

ビジネスは個々でかなりの差がありますが、テレビ会議においても利用するシチュエーション、システム構成などがかなりことなります。ビジネスでもっとも多くテレビ会議を利用しているのが支店と本店を繋いだシステムです。本店での会議は出張で対応する会社も多いのですが、テレビ会議を利用することで業務に支障を及ぼさずに会議ができ、また、時間、費用のコストも削減できると期待されています。これまで出張で対応していた理由として、ニュアンスが伝わらない、人間同士のコミュニケーションがうまくいかないなどがあったと言われていますが、動画を通じて相手を見ながらの会議ではうまく対応できると期待され、また、パワーポイントなどの資料を見ながら会議ができるのでビジネスへの良い効果があると期待されています。

また、テレビ会議では専用システムからクラウド対応型へ変わってきています。これまでの会議では決まった部屋で決まったメンバーで会議することが多かったのですが、モバイル環境がよくなったこと、また、PCでの参加が可能であれば会議に参加するメンバーも増えるということで臨機応変な参加人数への対応が求められています。そこで注目されているのがクラウド対応です。クラウド型のシステムでは参加者はいつでもどこからでも音声だけでも参加可能です。

これまでのような参加制限がないことからモバイル環境での参加も行われるようになっています。またPC付属のカメラが使えますのでコストも大幅に下がると期待されています。