ビジネスを進めるテレビ会議

ビジネスはさまざまな要因でうまくいったり、進まなかったりしますが、中でもコミュニケーションはとても重要なファクターの一つです。日本ではこのコミュニケーションを特に重要視してきており、会議はその一つの解決策として長年使われてきています。ただし、会議については無駄に長い、支店から出張してくる、論点をまとめづらいなどの問題もあります。そのため、無駄な会議をいかにへらして行くかも重要なことです。

その一つの解決策としてテレビ会議システムを利用する企業が増えています。テレビ会議はもともと電話回線を利用し、専用システムで構築されるケースが多かったのですが、テレビ会議をインターネットを使って行う手法が流行ってきており、安く、安定して行えるようになっており、ビジネスの現場でも利用が進んでいます。ビジネスでテレビ会議を利用する一番の目的はコストを下げてコミュニケーションを高めることです。支店からわざわざ出張してこなくても業務の合間に会議に参加できる。

これだけでもコスト削減効果が大変高くなっています。さらにパソコンを利用するシステムが多いことからパワーポイントや動画などさまざまなプレゼン資料を合わせて利用できる環境が整っています。これまでも紙を利用したプレゼンは行われてきていますが、アニメーションや分かりやすい動画などを利用出来ることは会議の質を高めることが可能です。システムは補助的なものですが、コミュニケーションを円滑に行えるとして利用が進んでいます。