ビジネスに不可欠なコミュニケーションをテレビ会議で

ビジネスには対面によるコミュニケーションが重要ですが、遠く離れている場所にいるビジネスパートナーと直接会うのは難しい問題です。この問題を解決するために注目を集めているのがテレビ会議になります。時間差がないやり取りによって、出張などにかかる時間や費用を節減できるため、たくさんの会社で導入されています。会議に使われるだけでなく、プレゼンやセミナーなどといった様々なビジネスシーンや医療の分野などでも利用されています。

テレビ会議は、遠く離れている場所にいる人と時間差なく画像や音声でやり取りできる仕組みのことです。高い画像で相手の表情が分かったり、会議に必要なデータや資料を共同で使うなどして、コミュニケーションをとることが可能です。テレビの放送技術を一般的な会社でも使えるようにしたシステムとなっていて、テレビが開発されたのと同時に考案されましたが、機材だけでなく、回線の確保に莫大な費用がかかることもあり、当時は普及に至りませんでした。しかし一九八〇年代に入りデジタルの回線が普及したのをきっかけに、先進的な会社で導入されるようになります。

データ量を圧縮する技術も進みテレビ会議専用のシステムを設置して、離れた地点の映像を交信できるようになりました。そして二〇〇〇年代に高速デジタル回線が普及したことにより、安い通信費でもテレビ会議が活用できるようになって、今現在ではたくさんの会社で使われています。